「戸籍等の収集」の版間の差分

提供: 相続wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイルウェブ編集 モバイル編集
12行目: 12行目:
 
## 途中、転籍をしている場合など転籍前の戸籍等を取得します。転籍前の本籍は取得した戸籍に記載されています。転籍前の本籍の市役所等でも「父」の相続の手続きに利用するので「父」の出生まで遡って交付してくださいとお願いします。
 
## 途中、転籍をしている場合など転籍前の戸籍等を取得します。転籍前の本籍は取得した戸籍に記載されています。転籍前の本籍の市役所等でも「父」の相続の手続きに利用するので「父」の出生まで遡って交付してくださいとお願いします。
 
## 「父」の出生からの戸籍謄本等を集めるので、少なくとも祖父母から「父」が生まれた頃までの戸籍等まで取得する必要があります。
 
## 「父」の出生からの戸籍謄本等を集めるので、少なくとも祖父母から「父」が生まれた頃までの戸籍等まで取得する必要があります。
## 離婚、再婚、養子縁組等あった場合、取得する戸籍等通数が増えます。
+
## 離婚、再婚、養子縁組等により別の戸籍に移動している場合なども、すべて追跡して取得することとなりますので、取得する戸籍謄本等の通数が増えます。
 +
## 「父」について出生から死亡までの戸籍等を取得し、相続人についても戸籍謄本等を取得します。「母」は「父」の死亡した旨の記載のある戸籍謄本等が該当するので通常は取得する必要はないでしょう。
 +
## 「私」の戸籍謄本等は自分の本籍の市役所等で取得します。
 +
## 「姉」の戸籍謄本等は事情によっては<ref>自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合、国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合や戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合(戸籍法10条の2)</ref>「私」が取得できなくもありませんが、「姉」自身に取得してもらう方がスムーズに取得できると思います。
 +
#
 +
<references />

2021年5月3日 (月) 14:34時点における版

概略

 相続の手続きでは、戸籍謄本等を集めます。

  1. 被相続人の生まれてから死亡するまでの除籍、改製原戸籍、戸籍の謄本等[1]
  2. 相続人の現在の戸籍謄本等

が必要になります。もし、相続人が死亡している場合には、死亡した相続人についても出生から死亡に至るまでの戸籍謄本等を集めて、相続関係があることと、他に相続人がいないことを証明することとなります。

被相続人の戸籍等の取得

  1. 被相続人の最後の本籍の市区町村役場(以下「市役所等」といいます。)で戸籍謄本等を取得します。被相続人について死亡の記載がされている必要があります。
  2. 本籍は住所と同じこともありますし、別のこともあります。わからない場合は、最後の住所のあった市役所等で除票(本籍記載されたもの)を取得します。除票を取得すると本籍が判明します。
  3. 例えば、次のような、父が死亡した場合に取得する場合を考えてみます。父の父母(「私」の祖父母)は父が死亡したときには既に他界しています。
    関係図8.png
    1. 「父」が死亡時に住民票のあった市役所等で本籍の記載された「除票」を取得します。
    2. 「父」の本籍のある市役所等で「父」の戸籍謄本等を取得します。取得の際に、「父」の相続の手続きに利用するので「父」の出生まで遡って交付してくださいとお願いすると、市役所等に保管されている戸籍謄本等一式を交付してくれることもあります。
    3. 途中、転籍をしている場合など転籍前の戸籍等を取得します。転籍前の本籍は取得した戸籍に記載されています。転籍前の本籍の市役所等でも「父」の相続の手続きに利用するので「父」の出生まで遡って交付してくださいとお願いします。
    4. 「父」の出生からの戸籍謄本等を集めるので、少なくとも祖父母から「父」が生まれた頃までの戸籍等まで取得する必要があります。
    5. 離婚、再婚、養子縁組等により別の戸籍に移動している場合なども、すべて追跡して取得することとなりますので、取得する戸籍謄本等の通数が増えます。
    6. 「父」について出生から死亡までの戸籍等を取得し、相続人についても戸籍謄本等を取得します。「母」は「父」の死亡した旨の記載のある戸籍謄本等が該当するので通常は取得する必要はないでしょう。
    7. 「私」の戸籍謄本等は自分の本籍の市役所等で取得します。
    8. 「姉」の戸籍謄本等は事情によっては[2]「私」が取得できなくもありませんが、「姉」自身に取得してもらう方がスムーズに取得できると思います。
  1. 謄本の場合や、全部事項証明書の場合があります。当サイトでは「謄本等」といいます。
  2. 自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合、国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合や戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合(戸籍法10条の2)