戸籍等の収集

提供: 相続wiki
2021年5月2日 (日) 14:01時点におけるTakaharaTsutomu (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「==概略==  相続の手続きでは、戸籍謄本等を集めます。 # 被相続人の生まれてから死亡するまでの除籍、改製原戸籍、戸籍の謄…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

概略

 相続の手続きでは、戸籍謄本等を集めます。

  1. 被相続人の生まれてから死亡するまでの除籍、改製原戸籍、戸籍の謄本等[1]
  2. 相続人の現在の戸籍謄本等

が必要になります。もし、相続人が死亡している場合には、死亡した相続人についても出生から死亡に至るまでの戸籍謄本等を集めて、相続関係があることと、他に相続人がいないことを証明することとなります。

  1. 謄本の場合や、全部事項証明書の場合があります。当サイトでは「謄本等」といいます。