「遺産の分割」の版間の差分

提供: 相続wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
4行目: 4行目:
  
 
 [https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4102.htm 相続税がかかる場合]などは予め税理士に相談したほうがいいでしょう。相続税がかかるかかからないか判断つかない場合も税理士に相談することをおすすめします。
 
 [https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4102.htm 相続税がかかる場合]などは予め税理士に相談したほうがいいでしょう。相続税がかかるかかからないか判断つかない場合も税理士に相談することをおすすめします。
 +
 +
 +
{{DEFAULTSORT:いさんのふんかつ}}
 +
[[Category:遺産分割]]

2021年5月4日 (火) 13:53時点における版

関係図8.png

 令和2年に遺言など残さず死亡した「父」の遺産を分割する場合、相続人である「母」、「姉」と「私」の3名で遺産の分割の協議を行うことになります。遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする(民法第906条)と定められています。協議の内容を全員が同意する必要があります。逆に全員が同意すれば、土地建物は「母」が相続し、預貯金は3等分するなど全員が同意すれば法定相続分と関係ない内容を定めることもできます。すべて「母」が相続し、「姉」と「私」は相続するものがないと決めることも可能です。

 相続税がかかる場合などは予め税理士に相談したほうがいいでしょう。相続税がかかるかかからないか判断つかない場合も税理士に相談することをおすすめします。